2010年12月16日

先ずはイメージを創る。

img0

パソコンや手描きで看板のイメージを創ります。

上の看板は、パソコンで作ったイメージの画像です。
なので、文字はベターっとして立体感がありません。

実際の板へ文字を彫刻し色が入り、光が当たりますと、
陰陽が出て、浮き出て見えます。


壁面へ掛ける場合

key


看板の裏面へ釘穴(キーホール加工)を施します。

壁面へ、ネジまたは釘をうち、引っ掛けます。
コンクリートや石の場合、下穴を開け、カールプラグを入れ、
ネジを打ちます。

木の表札を壁面へ取り付ける場合に、よく用いられている方法です。


文字アラ彫り彫刻中

1

文字のアラ彫りに入りました。

平のみ、彫刻刀でアラ彫りをします。
彫刻刀は印刀と剣先を使っています。

アラ彫りの段階は、文字の周りを深く彫り込むことを意識しています。


仕上げの彫刻

文字がふっくらと円くなるよう、彫刻していきます。

2

こんな感じです。

3

4


文字の端だけを落とす額彫りとは違い、
布袋さんのお腹のように円く彫るので、布袋彫りといいます。

まだまだ、上手く彫刻できませんが、日々修行です。
といっても苦しいとか、辛くは無いので、遊行ですね。








sukodonkoubou at 08:05コメント(0)看板 製作日誌 

2010年11月24日

siagebori1


iro2

お好み焼き屋さんの木彫看板。

ただ今、色入れ中。

sukodonkoubou at 17:37コメント(0) 

2010年11月19日

arabori3

ケヤキの一枚板で、
お好み焼き屋さんの木製看板彫刻(アラ彫り)中です。



sukodonkoubou at 17:46コメント(0) 
無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ