2005年12月23日

書けば売れる。書かないと絶対売れません

ホームページ(WEBサイト)は、
文章を書かなければ、絶対に売れません。

 

ということで、気が向いたら、ペコッとクリックしてちょ〜だい。
人気blogランキングへ

 

「でもな〜、なにを、どうやって書けばいいんだよ?」
「作文なんか、大嫌いだし、にがてだよ〜・・・。」

 

こう書けば、簡単です。

あなたが、好きなことを書くのであります。
あなたが、経験したことを書くのであります。
あなたの、本当のことを書くのであります。

 

以上です。

って、これじゃ、いけませんね。(笑)

 

あなたは、友達と、メールのやりとりしたこと、ありますか?
あなたは、友達と電話で話したことがありますか?

だったら、必ず、書けるのであります。

 

たとえば、あなたは、釣りが大好きだ。としましょう。
釣りのことなら、何時間でも、友達と話ができませんか?

それを、そのまんま書くんです。

上手に書こうと思わないでいいんです。


拝啓、前略、必要ないんです。
そんなもん、だれも、読みたくありませんから。

 

句読点、なんて、どこへあっても、いいんです。
論文を書くんじゃありませんから。

 

文章のおっしょさんが言うには
月1千万円稼げるネットショップ「売れる」秘訣は文章力だ!
「ホームページでの文章は、中学1年生に分かるように書け」

中学1年生ということは、ついこの前まで、小学6年生。
なので、わかりやすく、かみくだいて、専門用語は、なるべく別の言葉にして書く。ということを、教わりました。

話をしているつもりで、書くんです。方言が混じっても、OKです。
それが、あなたの、あなただけの個性ですから。

誰もマネのできない、あなただけの節回しが、必ずあります。

あなたの経験したことは、あなただけの、すばらしいオリジナルです。
あなたの考えは、あなただけしかない考え方です。

 

ということで、

今まで読んで、なんとなく気づいたと思うのでありますが・・・。

 

その他大勢に対して書くんじゃなく、一人の人のために、書くんです。

 

わたしは、あなたへのメッセージとして書いてます。
わたしは、あなたと会話しているように書いています。

なので、いくらだって書こうと思えば書けます。

だって、あなたに、わたしのことを、少しでも知ってもらいたいから。

 

書くことが、究極のマーケティングになるのであります。


書くことが、究極のSEO対策になるのであります。

 

じゃあ、もっと、具体的に、いきましょうか?

 

あなたのサイトで、商品の説明は、あまりいらないんです。

お客さんは、商品を買ったときの、効用を知りたいんです。

買ったらどうなるかを、 思い浮かべたいんです。

 

だったら、イメージさせてあげればいいですよね。

 

人気blogランキングへ

sukodonkoubou at 11:35トラックバック(0)売れる文章の書き方  

トラックバックURL

無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ