2005年12月25日

やわらかい文章を書く3つの方法

おカタいのが、お好きですか?

文章がカタい、って言われませんか?

どうも文章を書く、って〜のは、苦手なんだよな〜。
という人の中で、多い悩みは、

「文章が、なんでか、カタくなってしまう」・・・です。

わたしゃ、文章を書くプロでもなんでもないんですが、
気をつけてることが、3つだけあるんですよ。

 

ひと〜つ。・・・・・・・はなし言葉で書く。

ひと〜つ。・・・・・・むつかしい単語をつかわない。

ひと〜つ。・・・・・・漢字を減らす。

 

はなし言葉で書く。

え〜っと、
1番わかりやすいのが、ことばの、お尻。  語尾ですね。

たとえば、

「今日は、クリスマスである」

「今日は、クリスマスです」

「今日は、クリスマスなんです」

「今日は、クリスマスなんですよ」

どうっすか?どんどこヤワらかくなっていくって思いません?

あとは、接続詞っていうんですかね。逆のことを言うときですが、
「しかし」・・・ウ〜ん。カタい。「でも」・・「だけど」で書くと、

なんかヤワらかく感じません?

 

むつかしい、単語は使わない。

うん?コレどういう意味とか、
専門用語なんかが、文章の中に入っていると、カタく感じたり、
下手をすれば、読む人が、そこで、ストップする可能性だってあります。

ホームページやブログは、読んでもらって、ナンボ。ですからね。

 

漢字を減らす。

漢字は、見た目からして、四角ばって、感じます。

でも、なんでもかんでも、カナにすればいい。
というもんじゃないですよね。

固有名詞や、熟語をひらがなにすると、変です。

よくやるのが、
「事」・・・・・・・・・・・「こと」
「頂く」・・・・・・・・・・「いただく」
「○○の為に」・・・「○○のために」

あとは、え〜っと。
「私」・・・・・・・・・・「わたし」

 

こんな感じかな〜。

これだけでも、イメージが変わってくると思います。です。ハイ。

 

 

ということで、
気が向いたら、ペコッとクリックしてちょ〜だい。

人気blogランキングへ

sukodonkoubou at 06:20トラックバック(0)売れる文章の書き方  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by きくっちー   2005年12月25日 13:15
はじめましてこんにちは!
ランキングから遊びにきました。

本当に勉強になります。
うちの記事の文章の参考にさせていただきますね!

ぺこっとしていきます♪
2. Posted by すこどん   2005年12月25日 17:39
>きくっちーさん。はじめまして。
おほめのことば、ありがとうさんです。

ブタもおだてりゃ木に登るって、ぺこ
ありがとうです。
「忍法さっそくペコ返し」の術にいきますわさ。
無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ