2005年12月26日

制約率が高くなる方法

意外と簡単ですよ。

文章の書き方を、

というか、ホームページ内での文章の順番を、ちょっと変えただけで、
本当に、モノが売れてしまいます。

1日10人しか見ないホームページでも
1日に4個も売れるなんて・・・。

これは、
多くの人が使って大成功している、簡単な方法です。

わたしも、実際に試してみて、すぐに結果が出た方法です。

1日に、10人ほどしか見ないページでも、
1日で、最高4個。販売できた方法なんですよ。

もちろん、多くの企業、会社、ネット意外でも使っています。

アメリカでは、100年の歴史があるんですよ。この方法。

100年経っても、変わらず、売れているということは・・・。
人の感情とか、性質をズバリ。見ぬいた方法でしょうね。

何年経っても、人がモノを買う、買いたいと思う心理は
同じなんでしょうね。

 

では、

まずは、お客さんが困っていることや、悩んでいること、
不安に思っていることを、ズバっと書くんです。

なるべく、やさしく。

お客さんは、ご自分の問題に気づいてないんですよ。
だから、コッチが教えてあげるんですね。

たとえば、
そうですね・・・。

タバコは、体にも悪いし、今度値上がりするんで、
経済的にもよくないな〜。

いっそ、止めよっかな〜って、悩んでいる、
迷っている人を対称にしてみましょうかね。



禁煙したい。とは思っても、つい手が出てしまうよ〜。
今度、また値上がりするんだよな〜。経済的にも・・・。

とかのたぐいを、3個くらい書くんです。

やさしく。そ〜っと。

で、次に
いま書いたことに、もっと危機感をもたせるんですね。
火に油を注ぐように、もっと、燃やすんです。
タバコがもたらす健康への悪い影響などを書くんです。

生きるか死ぬかぐらい、は、ちょっと大げさですが(笑)


次に

もったいぶりながら、
その悩みを解決する方法を教えてあげるんです。

たとえば、
コレを使えば、タバコをすいながら、禁煙ができます。とか

このフレーズ。どこかで聞いたような・・・ないような。

で次に、

もう一回、火に油を注ぐんです。
ほんとうに、ヤバイことを、教えてあげるんです。

で次に

時間がない、いま買わないと、2度と買えなくなるかも。
のように、思わせます。

たとえば、期間を限定したり数量を限定するんです。
50個限りで、販売中止とさせていただきます。とかね。

で、次が

見てください。お客さんの生の声をとか。
購入者の生の声は、多けりゃ多いほど効きますよ。

で、
迷っているお客さんの、背中を、ポンと押してあげます。

ご注文は、今すぐ。こちらをクリック。


こんな感じです。これで、売れてしまいます。

 

これを、テレビでやっているのが、テレビショッピングですよね。

文字と、映像と音声ですから、すんごい、リアルです。

こんなことを考えながら、テレビショッピングを見ると、
ハハ〜ン。なるほどね〜って、思いますよ。きっと。

ぜひ、1回試してください。ね。

アフィリエイターさんだって、効きますよ。この方法。

この人のページは、参考になりましたよ。

なぜ、私が24歳で月収2000万の、【 幸せなお金持ち 】になれたのか?



sukodonkoubou at 06:24トラックバック(0)売れる文章の書き方  

トラックバックURL

無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ