2006年05月09日

ロングテール

「ロングテール」最近よく目に耳にすると思います。
「ロングテール」呼んで字の如しで、長い尻尾?ですよね。
わたしにとっては神様・仏様・ネット様。
「ロングテール」「web2.0論文の作者」ティム・オライリーさんによると。


「ロングテール」とは、「その他大勢」「ニッチ」を指す。

言い方が悪いかもしれませんが、今まで、ビジネスの常識では、流行の商品販売・サービス業・製造を行い、効率的な収益を得る。流行遅れの商品あるいはサービスにトライするのはいたって非効率だという考え。

しかし、インターネットを使えば、「ニッチ」なモノでもビジネスになりうる。という考えですよね。

ロングテールとはチョット違うけれど、
個人レベルで考えれば、ニッチやマニアックなものほど、インターネットでは売れる。で、そのニッチ・マニアック商品を探すためには、ほとんど検索エンジンが使われる。ニッチなモノなので、当然ライバルは少ないはず、ということは、検索もされやすい。また、ニッチなモノを探すためには、労力を惜しまないというユーザーさんが多い。

わたしの扱う商品は看板です。
でも、手作りのオリジナルの木製。しかもチョット洋風。
これもロングテールの部類で、完璧ニッチ(隙間)です。

なぜなら、
大手の看板会社さんは、あまり目を向けないでしょう。
和風の木製看板は、この道何十年という、職人さんの手彫り。
お値段もそこそこいたします。

ロングテール・・・ニッチ・・・いい響きです。

わたしにとって、インターネットは、神様・仏様・・・ネット様です。



sukodonkoubou at 11:05トラックバック(0)半歩先のホームページ  

トラックバックURL

無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ