2006年05月10日

ポッドキャスティング

流行ってますね。って、もう新しくもなんとも無いんですが。
ポッドキャスティングでの配信。

もちろん無料ですよね。
ブログにしろなんにしろ無料だから、ココまで伸びたわけですよね。
これがもし有料だったら、って考えると。

ところで、ポッドキャスティングって?

ご存知だとは思いますが、復習の意味も込めて。

ポッドキャスティングとは、
iPodなんかの携帯音楽プレイヤーに、音声のファイル・MP3ファイルで作られた作品をダウンロードし、聞く仕組みのことですよね。

ポッドキャスティングは、
iPod(アイポッド;アップル社のポータブル-オーディオ-プレーヤーの商標名)とbroadcasting(放送)の合成語。 

日本でポッドキャスティングのサイトは、まだまだ少ないようですね。

ふつう(一般)の人がDJになって、好きなようにラジオ番組を作って配信したり、音声付き語学学習ブログや、音声育児日記ブログなど・・・、耳で聞くブログを配信したり。

いろんな可能性を秘めたポッドキャスティング。
アイディアは無限なのでは。

 iPodなんかの端末に、
お気に入りの番組をいれて持ち歩けば、電車通勤中や運動中でも、いつでも好きな場所で、好きな時間に、ラジオ番組などを楽しむことができます。

 

先日聞いた話ですが、
いろんなビジネス本ってありますよね。
それを朗読し、音声として配信している会社があるんですね。

通勤中の会社員さんに、人気だとか。という話です。
その音声を聞くのは、無料ですが、それを聞くためには、会員になるわけですよね。月々数百円。これが大きいでしょ。会員数が増えれば増えるだけ儲かる。

会員数が増えれば、アクセス数も増えるわけですよね。
そしたら、スポンサーを募集し広告費でまた儲ける。
そんな仕組みですよね。

もちろんアイポットで聞くんですね。

 

音声ファイルがアップできるお勧めblogサイト
Seesaa ブログ
ケロログ
らじろぐ
でじおの宇宙

話は変わって、

音楽CDの売り上げも伸びているそうですね。

こんなにCDよりも格安、あるいは無料で、
音楽配信、ダウンロードできる時代に、
なんでCDの売り上げが伸びると思います。

シンプルに考えてみれば、当然のことでしょうけどね。

CDを買う。それは、そのアーチストに興味があるとか、
楽曲に興味がある。とか、もともとそのアーチストのファンなワケですよね。

Webで、無料・あるいはCDより格安でダウンロードする、アイポットで聞く。

でもやっぱり、ファンですから、CDをコレクションしたい。

そういったファン心理をついていますよね。

あるアーチストのシングルCDは01から10まであり、
順番に出していく、本で言うと、単行本ですね。

ファンとしたら、01を聞けば02が聞きたい。
10まできたら、総合アルバムを発売。

今度は、CDでは聞けない00バージョンをWeb配信。

こりゃ〜、ファンにすればたまらない、ですよね。

こんな感じの、サービスが受けるんですよね。

 

ポッドキャスティングに挑戦っていう人には

意外と簡単でしたよ。

わたしのようなオヤジでも、半日もあれば理解でき作れましたよ。

中学生・高校生なら、1時間もあれば・・・。
今後のビジネス先駆者にもなりえる可能性を持っていますからね。


ようするに、

「PCへ録音」→「mp3ファイルに変換」→「ポッドキャスト対応のHPでアップロード」

たったのコレだけです。

参考になったサイト

インターネットラジオの作り方ヴギ
ポッドキャスティングって何?
ポッドキャスティング講座
ポッドキャスティングを作る
ポッドキャスティングWiki

 

ようは、包み隠さずオープンで、
もちろん無料でコンテンツ情報が手に入る。

なにを欲しがっているかを見抜く力が必要ですね。


わたし達のようなオヤジは、頭が固いので、小学生や中学生、
時代の先端を行く高校生や大学生。

その子たちは、わたし達が考える以上にオープンです。
オープンでもって明るいんです。

クローズさせているのは、学校であり社会、大人です。

アレはダメ、コレはこうやるべき・・・とか。
決め付けに等しいわけですよ。

その子たちから学ぶ所は多い。
ビジネスにしても、そういったオープンなことが普通に考えられる、
子ども達から学べば、ビジネスチャンスもあるのでは。



sukodonkoubou at 11:46トラックバック(0)半歩先のホームページ  

トラックバックURL

無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ