2006年12月07日

RSSパワーで広告モデルの崩壊?

WEBでの広告モデルの代表といえば、
ヤフーなどポータルサイトとニュースサイトですよね。

ポータルサイトは、そのトップページへ広告を載せることで
収入を得ているわけですね。

でも、IE7などが普及し、RSSフィード購読への浸透率が高くなると

広告のあるトップページを経過せず、
直接RSSフィード配信先の記事を読むということになります。

ということは、

広告主、スポンサーは、広告を出す意味がない・・・。

んじゃ、

記事ごとへ広告を出すか?

人気記事ですので100万円ですよ。
この記事は、まあまあの人気記事ですので、
50万円で良いですよ。

ということは、

やっぱし、ポータルサイトが儲けるんじゃな。


 



sukodonkoubou at 21:57トラックバック(0)半歩先のホームページ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ジェロ   2006年12月08日 22:36
2 やっぱその構図はしばらくは崩れそうにないですな。
オーバーチュアやアドワーズも大した効果はないのでやっぱSEOの王道を行けって事でしょうか
しかし、SEOも20位くらいから上はキビスィ〜っすわ
まだまだじゃな
2. Posted by ななせ   2006年12月09日 08:43
ジェロさんちはライバルが多い。そんな中で2ページ目に入るのは、やっぱしエライ。

個々のページをすべてサブドメイン化している人もいました。

1サイト100ページとしたら、100ページともサブドメインです。それらがリンクしまくる。

でも・・・。やばいですね。
3. Posted by ジェロ   2007年01月25日 09:57
ページサブドメイン化は今は有効でしょうがいずれスパムでしょうね...

サイトとい概念ならトップページの下に子ページがぶら下がる構造が一番自然ですから
無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ