2009年05月17日

「死ぬ?おれは死なんよ」

「死ぬ?おれは死なんよ」

これは、竜馬が寺田屋のおりょうにいった言葉です。

「大和の三上ヶ岳という山は、千何百年か前に、役ノ小角(えんのおづぬ)
という男が開いた山だそうだ。
その山上に蔵王権現を奉るお堂がある。

そこに、役ノ小角がともして以来、千数百年不滅という燈明がともりつづけている。
人間、仕事の大小があっても、そういうものさ」
「誰かが灯を消さずに点しつづけてゆく、

そういう仕事をするのが、不滅の人間ということになる。
「西洋では、シビリ・・シビリゼ・・・・」
竜馬は、Civilization 文明 という言葉を言おうとしているらしい。

司馬遼太郎著「竜馬がゆく」より引用。


う〜ん、大きいですね。
僕なんか、自分のことしか考えてない。
「彫りたいものを彫りたいように彫って。」

でも、ちょいまてよ、

僕のサイトやブログには、
こんなものをこうして作ったんだという、跡が残っている。
良い悪いは別として。


それらを見た誰かが「自分もやってみよう」そう思う。
それだけで、ありがたい。

誰の言葉か、忘れたが、「男なら文化を残せ」と似ている。
インターネットって便利な道具ですね。



sukodonkoubou at 07:39独り言  
無料ツール

Add to Google
Profile
すこどん
看板みたいなものを作ってます。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ